銀座でダイエットや痩身エステ、筋トレ目的で気軽に通えるサロンをランキングでご紹介

痩身エステには痛みがある?

痩身エステに通いプロの手でキレイになりたいと考えるものの、本格派のマッサージは痛みが強いイメージです。

これには個人差があるために、すべてが刺激の強い施術とは言い切れませんが、ある程度は痛いメニューもあります。

 

刺激に不慣れな最初のころは痛いと感じやすい

初めて痩身エステでの痩身メニューを受ける人にとって、リラクゼーションではなくダイエットのために施術は、痛みの強さに驚くかもしれません。

これまでボディケアをエステでするとしたら、トリートメントや優しいマッサージがメインであり、リラクゼーション効果の施術ばかりだったので、痛い施術とはほぼ無縁です。

しかし痩身メニューの場合は基本的に刺激が強い施術がメインであり、体自体が強めの刺激には不慣れですから、施術時に痛いと感じることは少なくありません。

ですが回数を重ねていくことで、最初ほどの激痛を感じなくなることがほとんどです。

エステ通いをはじめたばかりのころは、セルライトもたっぷりと付いていて、脂肪も多いだけにハンドマッサージや痩身マシンを使っても、刺激が強いと感じやすく、1回だけでも疲れが出てしまうことがあります。

最初だからこそのつらさを感じることはありますが、何度もエステ通いをするうちに、セルライトも柔軟になって流れやすくなりますし、身体全体の巡りも良くなってきますので、強い痛みを感じることもなくなります。

 

セルライトの多い状態は激痛に感じることも

リラクゼーションマッサージとは違い、痩身エステで行うのは凝り固まった頑固なセルライトを、あの手この手でもみほぐして排出させるのがメインの施術です。

太ももやヒップなどに脂肪や老廃物が溜まり、そのまま冷えてしまうとデコボコとしたセルライトになります。

いったんついたセルライトはとても頑固であり、少し揉んだくらいで落とせるものではありません。

セルライトがいかに厄介な存在かをエステティシャンたちは熟知していますので、渾身の力を込めてゴリゴリと揉みつぶしては流す強いマッサージを行います。

心地の良いトリートメントとは違い、力強いマッサージはもはや激痛です。

叩いたりもみほぐしたり親の仇を打つほどの力を込めての施術ですから、セルライトに対してのエステに痛みがないはずがありません。

最初に全身を温めてから固くなったセルライトをもみほぐして、さらにその老廃物を流していきます。

たくさんセルライトがあるほど血流が悪く、不要な老廃物は溜まりやすい状態です。

それをリセットしますので、ある程度の激痛は覚悟の上でのエステ通いになります。

 

心地が良いよりも痛いと感じやすい痩身エステ

気持ちが良いと感じるリラクゼーションエステとは違い、痛いと感じる確率の方が高いのが痩身エステです。

しかし痛いのがイコールですべて痩身の効果が高いわけではなく、我慢できないほどの激痛を感じるなら、スタッフに伝える勇気も必要になります。

施術をしている最中でスタッフ側も、お客さんに声掛けをしてはくれますが、そのタイミングと自分が我慢しきれないタイミングがいつも合うとは限りません。

涙が出るほどの激痛は我慢することなく、スタッフに伝えることで力の調整をしてもらうことができます。

痛すぎてエステ通いが嫌になっては、お金を無駄にするばかりですし、内出血や腫れがひどく出てしまっては、回復までに時間がかかって大変です。

最初に行う体を温めたり発汗作用のあるマシンなどでの施術は気持ちがよくても、その後に待ち構えている脂肪やセルライトのもみほぐしや強いマッサージは激痛になりやすく、つらいと感じやすくなります。

痛いけれども気持ちが良いレベルの力での施術が好ましく、無理をし過ぎて筋肉がこわばっては効果も半減です。

 

頑なについてしまったセルライトをもみほぐして、巡りの悪い身体を順調な巡りに変えていくのが痩身エステですから、施術にはある程度の痛みがつきものです。

でも我慢しすぎては筋肉がこわばり、スムーズな巡りにはなりませんので、痛みが強すぎるときにはスタッフに声をかけて調整をしてもらいましょう。

サイト内検索
銀座の痩身エステランキング!
3D Body Lab“Slim”
D.D.Labo(ドクターズ・ダイエット・ラボ) 銀座一号店
エヴァーグレース〔evergrace〕
KIREISALONE〔キレイサローネ〕
bloom銀座本店 〔ブルーム〕